読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

早起きは最高の習慣~あれこれ試した結果~

社会人になると、時間の大切さを感じますよね。
とくに30代になってからは、やるべきことがたくさんあるので、自分の活動をするための時間を確保したい。

ということで、早起きの習慣をつけたいと思い、ここ数年試行錯誤していました。

昔からよく寝る子だった僕は、早寝遅起きが習慣になっていました。
数年前に、資格試験の勉強をする必要があったので、これを機に早起きの習慣をつけようと思ったのです。

そこでまず考えたのは起きる時間の設定について。

僕が職場に行くためには、遅くとも6時30分までには起きる必要があります。

まずは4時起きを試みました。およそ5時間睡眠。
すると、予想通りn職場で眠くなりすぎました・・

それから4時30分、5時、5時30分と時間をずらしながら体調を見ていきました。
一方で就寝時間も、10時から11時の
間で調整。
すると、僕の場合、7時間は寝ないと日中の活動に支障をきたすことを実感しました。
逆に言うと、7時間眠ると、日中に眠気を感じることはありません。

では、7時間眠れるように早寝すれば、必然的に早起きができるようになったのか?残念ながらそうはなりませんでした。

なぜなら、「二度寝」の誘惑があるからです。
必要な睡眠時間を確保してもなお、二度寝をしてしまうのです。
とっても気持ちのいい二度寝。でも、二度寝のあとに起きると激しく後悔します。かえって疲れている気もします。

だから、僕が次に考えるべきは、二度寝対策についてでした。試してみた方法と、その結果は以下のとおりです。

①目覚まし時計を、寝室から離れた部屋に置く。
→最初は効果があったのですが、いつしか、無意識に目覚まし時計のある部屋に移動し、時計を止めて、再び寝室に戻ってしまうようになりました。

②コーヒーを飲み、チョコを食べる
→大好きなチョコです。朝から幸せな気持ちになります。コーヒーにはカフェインの効果を期待しました。でも、これは数日でダメになりました。なんというか、お湯を沸かすのが億劫になってしまって続かなかったんです。

③瞑想をする。
→目を閉じて、心を静かに・・すると当然ながら二度寝しちゃいますよね。

④ジョギングをする。
→朝の空気の中で走るのはなかなか気持ちのいいことです。目も覚めます。でも、やはり毎日走るのは億劫になりますし、そもそも、せっかくの早朝の時間が走るためだけになってしまうので、もったいなくかんじました。

⑤ベランダで体操する。
→これが今のところ効果を感じているものです。ジョギングで知った朝の爽やかな空気を取り入れつつ、身体をほぐしたり血の流れをよくしていきます。いつしか目もさめます。

ということで、僕の場合、ベランダで体操する、というのが合っていたようです。

早起きすると、とてもいいですよ。
ブログも書けるようになります。
人生変わると思います。