TO BE FREE

〈自分になる〉ために

クシャミが出る

少し酔った 涼しい夜を歩きながら ふと、頭を揺らしてみれば
どこまでも続いていくように見える川 そして橋
橋は 何百年も昔から ここにあり そしてあり続けるだろう何年も

何年も 何年も 一年ってやつはいっぺん行ったら帰ってくるような
気持ちにさせるけれど 行ってしまった奴は もう戻らない
行ってしまった奴と いくらか似ている だけど強面の 奴が来るだけ
そして奴もまた去ってゆく ならば

ならば
この場所にかかる橋は何を渡そうと言うのだろう
私か それとも いつか来るだろう何かを待っているのか

酔うと、クシャミが出ます 誰もいないと思って
大きな声でくしゃみをしたら
雲が見てた(月は、知らん振りだ)