TO BE FREE

〈自分になる〉ために

HAPPY BIRTHDAY TO ME

昨日は、連休初。誰にも会わなかった。
ほとんどの友人が帰省してしまっているしね。
で、ひとまず家を出た。新宿へ。
することないなあ・・
特に意味もなく携帯の機種変更をした。
infobarからtablyへ。
見た目が人と少し違うものが好きなので。
機能的にはほとんど変化ない。
操作性にも変化がないので、使いやすい。

30分後に新携帯を受け取った。
それから、神保町へ向かうことにした。
神保町は古書店街で、面白い店が多い。
それに、SORTIEという、フランスの可愛い系雑誌に
載っていたお店にも行きたかった。

しかし、迷った。駅に行くときに。
新宿駅の中には多くの電車が交差している。
その中で、どうしても都営新宿線が見つからない。
ひとしきり歩いてもないので、駅員さんに聞いたら、
かなりJRから遠いところにあると知った。

ようやく電車に乗って神保町へ。
ついてから、例の雑誌のお店amuletを探したのだが、
これもまたみつからない。うろうろした挙句、
細いとおりの中のこじんまりとした建物の中にそれはあった。
中に入ると誰もいない。
しばらく見ていた。
チェコの切手や古鍵、小さな人形、手作り雑貨、アンティークのピンバッジ
アンティーク絵本などなど、可愛いもので溢れていた。
そして、2階にカフェがあることを知り、登った。
本当に小さなカフェ。テーブルも4つしかない。
でも、古い木の感じと、一人の女の子の店員が、とてもほのぼのさせてくれた。

そして、店を出てしばらくうろついた。
突然の豪雨。雨宿りに入ったアパート。
そこの部屋を使って古書店をやっているらしく、店員さんが
どうぞ、と言ったのではいった。
中には雑然と所狭しと本の山ができている。
店員は20歳くらいの人で、ぼーっとしていた。
ああ、楽そうな仕事だなあ。。
そして、カバーのイラストの可愛い外書を買った。
この本、あとで読んでみて知ったのだが、
女性のためのセックスのハウツー本だ・・
開いたページの文章にびっくり。
「アナルセックスによってオーガズムを感じることのできるのは
 統計上3割にも満たない。それでも彼氏が求めるならば
 まずは指一本で云々・・」
・・ていうか、こうゆう文章なら辞書引かずによめる自分に苦笑。
他にも、バルコニーでのセックスとか、避妊についてとか・・そんな感じ。

そして、画材店に立ち寄った。衝動的にアクリル絵の具を買った。
つかうのかなあ・・
そのあと、三省堂書店に着いたころには脚がぼろぼろ。痛い。疲れた。
携帯も音楽のプレイヤーの電池もとっくに切れている。
僕の充電も。

夕食がてら2階のイタリアンレストランに入った。
ボンゴレビアンコはかなり美味しかった。
向かいの席に、20歳前後と見られる女の子二人とはげのおっさんがいた。
おっさんはずっと説教している。
人間力とは!」「君の性格は甘い!」「芸能人になるには!」
ああ、なるほど、だまされてんだなあの子達。
ばかだなあ。。本気で、心からその説教に聞き入っている
女の子たち。考えろよ、少し・・
説教はどんどんエスカレートして、
「ここでダメだったら売春婦になるしかない!」
「君は裸を見せることができるか!?」
そんなこといわれてだ。
「はい!!」とこたえる女の子。

なんか気持ち悪くなって、柄にもなく
「死ねおまえら」なんて思った自分に嫌になって、
店を出た。

そして、新宿駅に帰る。で、傘を忘れて神保町へ。
MoMAの5000円のスカイアンブレラ!!
そして今度こそ帰宅。
疲れた。。どうにも。

起きたら11時。誕生日の始まり。24歳のはじまり。

誕生日だが、今日も一人で過ごすことだろう。

23歳まで、お盆だから、家族と一緒だった。
祝われたりは、あまりしないけれど。

僕は、今一人。
いつもと変わらない日常を、今日も繰り返すのだろう。

そして、25歳になっても同じように。

繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し。

孤独は精神を磨耗させ、すりきった挙句に突き放すんだろう。

欲しいものある?
何か、欲しいもの。