読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

わたしだけ~??

最近、職場の人事異動があり、
それを契機に僕の仕事のスピードが飛躍的に伸びた。

まったく馬鹿な話だが、若い女の子(年上だが)
が来てからというものの、少しだけ背筋が伸びている感覚。

明るく朗らかにテキパキと仕事している僕を見て、
「最近yoshkobちゃん顔色いいねえ。。いいことあったようだね(笑)」
という上司の言葉。なんだかバレバレなんだなあ、、
ただし、なんだか各方面に誤解を与えそうだけれど(どこだ・・)
恋愛では、ないんですよ?

単純に、女の人が大好きなだけなんですよ?
と書くとさらに誤解を招きかねないが、
俺の日記なんだから好きに書かせてくれ(笑)

その新しく来た女性(25歳。アヤさんと呼ぼうかな)のことは、可愛いと思うのだが、
その感覚が、通常の、見た目のみに依拠する感覚と違うので考えた。

昨日はアヤさんと一日話しながら考えていた。(手作業の業務だったので頭と口は自由だった)
で、うっすら思い出しかけては消えていった映像が具体化したのは、
かなり経ってから。

思い出したのは、

だいたひかる、ミカリン、M、川本真琴

一気にわいたイメージの共通点を探したが、
それは。。
声、言葉、しゃべりかた。の個性。

だいたひかる川本真琴は芸能人なので説明は要るまい。
ミカリンは大学時代のバイトの上司、好きだった。
Mは職場研修時代の同じ班の子、好きだった。

Mとミカリンの見た目は似ている。
声もってことは気付いていなかった。

そして、この類の子を好きになってしまうと大体
不安定な言動に振り回されながらも
それが快感になっていくという、
廃人化の道を辿ることになる。

可愛いなって思うのは
「一人」を選べない。
好きだって思うのは
「一人」だと、今は信じていたい。

その差を明確に示すことは難しいし、
だからこそ、Mは僕に対して、
「絶対yoshkobは浮気するって!」
と言ったりしたのだろうけれど、

でも、違うんだ。

なんだか歯に物が詰まったような言い方だな(笑)
日記であると同時にメッセージであるこのブログは
結局フェイクなんだね。

いやしかし本気でアヤさんを好きになってしまった場合を想像すると、
僕は極端に仕事のできない男に成ることは間違いない。
本気は、まずい。

「天然ボケ好きになると面倒くさいよー(笑)」
とMに言われ。
「ええ、今、体感してますけれども(苦笑)?」
と言っていたのがつい最近に思える。

言葉は最高にセクシーなものだ。
体よりもね。
不思議な言葉を、不思議な声を、僕にください。

反応例
「もーー!!可愛いなコンチクショウ!!!」と思いながら微笑む