読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

ラストノートだけでいいんだよね。香水は。


1.イタリアン 永積 スクリーン ライブ
2.ショパンノクターン
3.好きな人が結婚する
4.ふられた 返事が無い
5.リリィシュシュのすべて 映画祭
6.リリイシュシュのすべて
7.天才菊池
8.絶望 助けて

昨日の僕のブログへ来た人の検索ワードベスト8である。
イタリアンから絶望まで包括するブログへようこそ。

今日は、今週の平日で唯一飲み会のない日なので、
急いで帰った。バーゲンに行くために・・
新宿や池袋へいくと時間のロスが著しいので、またもや所沢マルイ。

堅い靴と硬い鞄。目的はそこ。

早速靴売り場へ。
靴・・1足で30%オフ。2足で50%オフ。
なるほど・・1足20000円の靴買うのと
20000円の靴と8000円の靴を2足買うので同じ値段か・・
と、所謂戦略にまんまと引っかかり、2足購入しました。
1足目はCARLO BOTRINI PER VISARUNO
硬くて先の長いうえに、不思議に深いクリーム色という、
まさに好みのデザイン。定価20000円。
2足目はただのVISARUNO
土踏まずにあわせた不思議なフォルム。茶色。
定価10000円。        

さて・・次に向かったのは鞄。
硬くて薄い鞄。今職場に行く際に使っている鞄は、研修時に買ったもので、
確かに多くの教材は入ったが、今は入れているものが文庫本と筆箱のみなので、
小さくてラグジュアリー感のあるものが欲しかった。

バーゲン品なんてたいしたものは基本的にはない。
しかし・・雑多な安っぽい鞄の中にひとつ煌くものが。
KATHARINE HAMNETT LONDONの薄い皮の鞄。(硬そう)
29000円がオフになって17000円。
正直悩んだ。金遣い最近荒いしね。
でも買いました。
内側にチェックをあしらっているあたり
バーバリーブラックレーベルそのままっちゃそのままなんだけど。
キャサリンは僕にとっては重要なブランド。
大学時代にメンノンで見たキャサリンのページがとてもかっこよくて、
金持ったら買うぜ・・と思っていたブランドなのだ。
基本的にはブランド好きではない僕の例外。
これで財布とショルダーバックと仕事鞄はキャサリンだ。

で次。香水です。
僕は前の香水を使い切らないままに1年ほどで次の香水を買ってしまう。
飽きるし、そのほうが香りと思い出が直結しやすくていいかなと思うのだ。
セクシーボーイ→CO2→サムライ→ウイークエンド→エタニティ
→ハッピーフォアメン
ときて、今回買ったのはダンヒル
初のウッディ系の香り。
アクア系やシトラス系をあえて外したあたりに
僕のいまだに背伸びしようかっていうさもしい感じが・・

さーてと、またお金使っちゃった♪
ははは。
贅沢は頽廃的であるがゆえに甘美で、
だからこそ発生するエレガンを、僕は少しでも身につけたい。
東京の毒気にやられているのかもしれないけれど、
それはたまらなく愛おしく狂おしく。
むせ返る香りのように
僕を少しずつ殺していくことだろう。
まだ大丈夫。

帰り吉野家だったし(笑)