TO BE FREE

〈自分になる〉ために

I’M YOSHKOB

うーん・・
返事がない。
好きな女からは。
何だか好きになればなるほど相手が離れていく感じなのは何でかね。

昨日、夜話していた友人に指摘された事項。
「どの子ともずっと仲良くなんて思ってるからだめなんだ。」

そう。僕は誰とでも仲良くしてしまう。
好きな人がいて、誘ってだめなら別の子を誘う。
言葉だけ聞けば浮気ものだと思われそうだが、
そんなことはまったくないのは、
僕の友人なら誰でも知っていることだ。

誰にも、手を出さない。
何もしない。
話を、楽しくする。
向こうが帰ると言い出せば、引き止めない。
このあと、なんて言えない。

それを知っているので、
基本的には誘って嫌がられることはない。

でも、それじゃなあ、てやっぱり思う。
必死になれないのは怖いから。
深いところで傷つく前に、
早めに切り上げる。
その先に、幸せがあったかもしれないのに。

僕は、ふられる。
僕は、ふる。
同じくらいに好かれたり好きになったり。

たった一つの条件。
好きな人が、僕のことを好き。
そんなこと、昔あった気もするけど、
これから起きるとは思えない。

会いたいなあ。
顔、見せて欲しい。
ちょっとだけでも。
それだけで、元気になれるんだから。

今世界で一番本音で話せるのは昔好きだったMだったりする。
でも、最近はしていない。
それは、間違っているから。

後悔は、多くある。
きっと、Mが僕を好きだったこともあったと思う。
それは
「彼氏よりもyoshkobのほうが一緒にいて楽しいいよ。」とか
「彼女ができても私といてくれる?」とか
「yoshkobがいないと私は今は耐えられないと思う」とか
「・・何がしたいの?」とか
言っていたときだと思う。(言葉だけ取り出すと魔性の女だな。。)
そんなときにも、
僕はあいも変わらず、
「ああ、無理すんなよ」とか
「大丈夫?なんか悩んでんのか~?」とか
「ああ、俺でよければいつもいるけど」とか
「・・会えればそれでいいよ」とか
言ってしまったんだ!!
「本気で俺にしなよ(with真剣な眼差し)」って言わなかったんだ!
いやー書いてて悔しくなってくるね。
とはいえ、きっとMの気の迷いも多分にあったろうが。

「あのころおかしかったよねー」
「お互いね・・」
という会話をよくする。
終わってしまった関係は、楽だけど、ちょい切ない。

・・I I I I
Iだ!!今問題なのは。
帰って来い、俺の人生の中へ!