読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

飛べない翼

今、凄く憂鬱である。
また来た。
いったい、どうすればいいと言うのだろう。
死にたい、と思った自分に失笑。
何がしたいのか、あるいは何もしたくないのか。
ここにいるのか?
不安定すぎる。
生きているように死んでいたい。
今日はと言えば、小説を読んで、寝た。
どこかに行けばいいものを、この忌々しい天気は、
痛みとなって心を突く。
どこにいるのか?
部屋でうずくまる。
床の冷たさを感じながら、
誰かの暖かさを求める。
いて欲しい誰か、
が今はいないことへの恐怖。
リリイシュシュの「呼吸」を聴きすぎたのか。
たしかにエーテルは感じるが、それは癒しなのか?
これは死を志向する意味での癒しではないか。
I wanna be just like the wind.
いま、とても淋しいのは、君がいないからではない。

誰がいても仕方ないから。

人生は、長すぎる。
振り返るには一瞬なのに、
未来は重たすぎる。
いっそのこと、放棄してみようかと思う。