TO BE FREE

〈自分になる〉ために

Hの憂鬱~おめでとう!編~


2夜にわたって友人Hの恋について語ってきたが
今日は最終回(仮)。

何が何だか詳しい経緯は知らないけれど、
Hは無事想い人と付き合うことになったようだ。
やはり恋は急に始まって、急に動くようで。

恋っていいなあ、恋したいなあ、
なんて小学生の女の子でも今時吐かないような台詞を、俺は吐くぞ。

最近春だからか知らないけれど、僕の周辺に恋があふれている。
Hは語ったとおり。
隣の住人は、好きな女(彼氏もち)と自分を好きな女(好きな女の友人)との
板ばさみで最近げっそりしながら、にやけている。
「俺もうあかんかも知れへん。」と言うのだ。
「いえいえ、あかんのは僕のほうさ、うふふ♪」
なんて返事しかできない。
女友達Qはなかなかに明るくてポジティブガールなのだが、
彼氏が就職で九州に行くとかで、毎日切ない気持ちを綴ったメールが来る。
「大丈夫だよ」と言い切れない僕は、「無理しちゃだめだよ」としか言えない。

それぞれに苦しい思いをしているのは分かるけれど、
それでもどうにも楽しそうなのだ。
世界の秘密とでも繋がっているのか彼らは!天上人よ、アレルヤ

何はさておき何だかどきどきする。
帰りがけにレピシエのお店で買い物をした。
1・桜の模様の茶こしの付いたマグカップ
2・フレーバーティーさくらんぼ」
3・フレーバーティー「春ぽろぽろ」

・・やあ浮かれすぎですよね。
・・ええ。このラインナップですもの。
・・「春ぽろぽろ」ってなんだか
  滑稽に恋愛で崩れてゆく春の僕たちを
  象徴しているネーミングですよね。
  「春ぼろぼろ」にしてみたら効果はよりいっそう。
恋をしている人よ、さあ皆で声に出しましょう
  「春ぼろぼろ!」「春ぼろぼろ!」「春ぼろぼろ!」
何だかどうでも良くなってきたでしょう。
素敵に平和な言葉だ。
僕は涙が出てきました。


人の恋に感化されて、何だかむずむずする今日この頃。
去年の今日。つまり6日に僕は恋に落ちました(祝)。

ともかく、だ終わる恋があれば始まる恋もあろう。
おめでとうH。
花見は残念だけれど仕方がないね。
愛しい彼女と見に行くといい。
よろしくお伝えください。

僕も頑張りますよ。
今日へこんで、明日告白して、明後日恋人になって。
みたいなことが僕に起きそうになったら、
頼むから背中を押してくれろ。