読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

今のところ、これ以上幸せな映画とは出会えてない

「残る人生で見ることのできる映画を1つだけ選べ」と言われたら、

迷わず選ぶ映画があります。

 

それがこちら。

ウディ・アレン主演、監督の「アニー・ホール

 

ウディ・アレン作品はもう何から何まで大好きです。

音楽や映像が素敵なのはもちろんなんですが、シナリオが他では決して味わえない感じなんですよね。あっと驚くようなストーリーではないんですが、ウディ作品を見終えると、何とも言えない幸福感と、泣きたくなるような感覚が同時に起きます。

 

「人生はいろいろで難しいけど、愛しいものだ」と思えるんです。

 

「スリーパー」、「バナナ」、「ラジオデイズ」、「ハンナとその姉妹」などなど、昔から素晴らしい作品をたくさん生み出しています。今でも「ミッドナイト・イン・パリ」などの作品でヒットを飛ばしています。

 

そんなウディ作品の中でもアニー・ホールは特別です。

ストーリーは、「男女が出会って恋をして別れる」という一言で言えるような単純なものですが、登場人物の会話や表情、ニューヨークの景色なんかが混ざり合って、感情を揺さぶってきます。

 

ヒロイン役のダイアン・キートンも、絶世の美女とかではないんですけど、不思議な魅力があり、「あんな風に笑ってくれたら、好きになっちゃうな」と思います。

 

僕が初めて観たウディ作品はアニー・ホールだったんです。

当時大学生だった僕は、この作品を観て、

「大人になるのって、いいものかも」と思ったんですね。

 

特に、主人公とヒロインが別れた後に再開するシーンが印象的でした。

 

倦怠期が来て、

「アルビー、正直に現実と向き合いましょう。私たちはうまくいかないと思う」

「そうだね。恋愛はサメと同じだ。常に前に進んでないと死んでしまう」

なんて言って、無表情のまま別れる二人。

 

そんな二人が再開して、街のカフェでおしゃべりするんです。

以前の恋人だったときのように打ち解けて。

 

ただ、それで元サヤに収まるわけじゃないんです。

おしゃべりが終わったら、あっさりとお別れする。

たぶん、もう二度とあの二人は会わないんだろうなと思うのですが、それがなんともいい感じだったんですよ。

ある意味でバッドエンドですが、なんとも言えない余韻がありました。

 

うまく行こうが行くまいが、人生は進む。

進んだ後には、それなりに美しい余韻が残る。

そんなことを、この映画は思わせてくれます。

 

 あ、こちらの映画もオススメです。