TO BE FREE

〈自分になる〉ために

そういえば書店で本を買わなくなった、その理由

そういえば、最近あまり書店で本を買っていないです。


読書は相変わらず毎日していますが、
気がつけば、日々読む本のほとんどをAmazonから買っていることに気がつきました。

 

僕は本は書店で買いたいと、頭の中では思っています。
Amazonで買っちゃうと、支払ったお金の一部はAmazonに入るわけですから、それよりは、書店や出版社に多くを払いたいというのが正直なところです。出版社がなくなれば元も子もないわけですし。

 

ただ、そうは分かっているのにAmazonで買ってしまう。
それはなぜなのか。

 

その理由は、
Amazonが買い物の負担感を最小化してくれている」からだと思っています。

 

財布から1500円なりのお金を出して支払うのって、ちょっと負担感や罪悪感があるんです。別にお金がないわけじゃないし、家に腹を空かせた乳飲み子がいるわけでもないんですが、つい躊躇してしまう。

 

1冊ならまだしも、2、3冊で5000円近く出すとなると、なかなか心理的な負担感が大きい。

 

そこをAmazonはうまく対処してくれていると感じます。
やはり1clickで買えちゃうというのは大きい。


支払ってから少し時間が空いてから品物が届きますので、品物が届いた頃には支払の負担感は解消されていますし。

 

この傾向は、Kindleを買ってからさらに高まりました。
Kindleの本って、紙の本とちがって、時期により価格が割引になっていたりポイントがついたりするので、本を買ったときに、むしろお得感を与えてくれます。

 

そういうわけで、Kindle端末を買ってから、僕が本に使うお金は増え続けています。その一方で書店に支払うお金は減り続けているのです。

 

書店は、僕の生活にはなくてはならないものなので、時々は意識して書店で本を買うようにしていますが、意識してないと、ついAmazonでポチってしまう。もはや無意識の習慣レベル。

 

悩ましいです。
書店で手に取った本をレジを通さずに持ち帰れるようにして、代金は後日クレジットカードから自動引き落としにしてくれると、いいのになって思ったりします。

 

万引き犯からも自動引き落としできますしね。