読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

若者が消費しないのは不思議ですか?

お金の話 生き方

最近の若者は消費しないって言いますよね。
車も買わないし、デートもしない。旅行にも行かない。

 

その原因を、「草食」などとして性格の問題とする意見があります。
それに対して「気持ちの問題じゃなくてお金の問題だ」という意見がある。

 

僕はどちらかといえば後者に賛成なのですが、かといって、若者にお金を渡せば消費が増えるのかというと、それも違う気がします。

 

なぜかというと、お金の問題が気持ちに影響しているからだと思っているからです。それもかなり深いところまで。

 

昔の若者と、今の若者では、将来の自分の稼ぎに対する信用度がまるで違うと思うんですよね。

 

バブルの頃の話を聞くとびっくりしますよ。
収入の10倍以上のローンを平気で組んでいたりしますから。
それができるのって、未来の稼ぎを信じられたからですよね。
さらに言えば、土地などの資産価値が上がることも信じられた。
(実際にはかなり資産価値が下落していたりするのですが。)

 

ひるがえって僕は(もう若者とは言えませんが)、ローンで自宅は買いましたが、これは新築後1年以上売れ残って値崩れしたタイミングで買ったものでした。

 

資産価値の上昇は最初から見込んでいません。その時の税制(住宅ローン控除)と自分の仕事(専業サラリーマン)という状況を踏まえてのことです。

 

おそらく審査を受けても収入の10倍以上のローンを組むことは可能だと思いますが、そうする気はありません。怖すぎますよ、金利もあるし。

 

自分が将来3億稼げる自信があるのなら、車に100万円かけても大したことじゃないと思うでしょうが、将来稼げるか不安だったり、年金に不安があったりすると100万円の出費が命に関わるくらいの選択に思えてしまう。

 

そういうわけで、現在の若者が消費離れするのも無理からぬことだと思うんです。

 

お金使わなくても楽しく過ごせますからね。
僕も欲しいモノってあんまりありません。
好きな人とご飯食べるのと、読みたい本を買うくらいでかなり幸せになれます。