読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

そういえば35歳なんだと気づいて

日記、 生き方

気がつけば35歳になっていました。

 

もちろん自分の年齢は知っています。前回の誕生日にも、ちゃんとケーキにはロウソクを、長いの3本と短いの5本を刺しました。

 

でもまだ、ちゃんと実感してなかったんですよね。
そして思ったのは、
たしか「35歳になる頃には」って思ってたことあったなっていうことなんです。

 

でもそれがどうしても思い出せない。
何か大切なことだったと思うんですが。


きっと僕だけじゃなく、少なからぬ人が同じようなことを考えたことがあるんじゃないでしょうか。

 

それって、「未来の自分」をあてにしてたということなんだと思うんです。

すぐにはできないことを「未来の自分」に委ねる。
今持っている希望を「未来の自分」に託す。

 

これってそんなに悪いことじゃないと思ってました。未来に希望を持つのはいいことだって。

 

でも、今に思うのは、その繰り返しの中で人生が終わってしまうとしたら、寂しいなということです。

 

未成年の僕は20歳の自分をあてにして、20歳の自分は30歳の自分をあてにする。


そして35歳の僕は、どうする?

 

幸いというべきか、35歳の僕は20歳の僕より人生経験は積んでいます。


だから言えるんですが、「未来の自分」ほど信用ならない奴はいないと思うんですよね。

 

信用されるのも自分で、信用するのも自分ですから、裏切るのは簡単です。誰からも非難されることもありません。


だけどきっと、そうした裏切りを繰り返す過程で決定的な何かが失われていくんだと思います。

 

人生は有限です。
寿命が100歳だとして、
35歳の自分には65年分の未来の自分しかいません。
20歳の時には80年分の未来の自分がいたのに。

 

やっぱり、今なんですよね。
この瞬間に確かにあるもの。
実感に満ちた、やりたいこと、やらなければいけないこと。
それは「今の自分」が引き受けるしかないんです。

そうした「今」を重ねることでしか、未来の自分に約束を果たさせることはできない。そう思っています。

 

さて2017年。
何ができるかな。