読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

トランプ氏が勝って思うところを書いてみた

日記、 本の紹介

トランプ氏が勝ちましたね。

会社でも、今日は午後あたりからそこらで話題になっていて、

「トランプが勝つって、まさかね」という感じから、

「あれ、もしかして??」となり、

「トランプが勝ったよ!どうなるんだこれから」

という空気感の中で退社時間となりました。

 

僕は大統領選に興味はあまりありませんでしたし、

何かを論じる知識もないので、評論家みたいに書けませんが

感じたことだけ残しておきたいと思います。

 

 

今回の大統領選でトランプ氏が勝った要因について感じるのは、

「壊す」ことに込められた期待感の強さなんじゃないかと。

 

クリントン氏は、女性初の大統領となる可能性がありました。

僕はこの点から、クリントン氏を応援していました。

旧来型の男性社会の中で、凝り固まって腐った価値観を壊してくれるんじゃないかと。

男たちが、ロジックや慣例にとらわれて身動きが取れない中で

「変化」を起こしてくれるんじゃないかと本当に思いました。

 

これは、オバマ大統領が、

「あれだけ鮮烈なデビューをしながら、さほど世界は変わらなかった」

という何となくの挫折感から、もたらされた感情だったと思います。

 

ところで、トランプ氏の支持者が望んだのは、何だったんでしょう?

 

自国の富を最優先する。

自国の害となる敵を排除する。

そして偉大なるアメリカを取り戻す。

 

僕がヒラリー氏に、既存の価値観の破壊と変化を望んだのと同じく、

トランプ氏の支持者も望んでいたのは、破壊と変化だったのかもしれません。

 

では、結局何が勝敗を分けたんでしょうか。

確かなことはわかりません。

だけど、自信や誇りを持ちたい人が予想以上に多かったんじゃないかな。

 

ちょっと思い出したのは、

アメリカのドラマgeeの中で、アジア系の青年が成績Aマイナスを取ってひどく落ち込んでいた場面。

 

彼の成績を知った、同じくアジア系の友達のリアクションは、

「Aマイナス!?それってアジアだとF(落第)だよ!」

というもの。。

ここは笑う場面なんですが、その奥に見えるアメリカの自信のなさを感じたものです。

 

こうした自信を取り戻すには、トランプ氏は最高のイコンだったと思います。

発言を非難され、国外にも反発が強まる中でも強気なトランプ氏。

今までの政治家が言えなかった発言をし、自信たっぷりの笑顔を見せるトランプ氏。

そして何より大金持ちで、成功者であるトランプ氏。

そこに込められた期待が、予想以上に大きかった。

 

とまあ、今となって感じるのはそんなところです。

ただ、自分の自信のありかを国家やリーダーに求めるのって、

あまりヘルシーじゃないな、と思います。

 

やっぱり、まずは自分の思考を頼りに生きていきたいなと思うんです。

 

ちょっとトランプ氏について勉強しておこうかな。

けっこうあるんですね、トランプ本。

 

 

マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

 

 

 

トランプ大統領とアメリカの真実

トランプ大統領とアメリカの真実

 

 

 

トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!

トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!

 

 

 

トランプ

トランプ

 

 

 

かんたんトランプの手品 (トランプマンのマジック入門)

かんたんトランプの手品 (トランプマンのマジック入門)