読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

外国人のよくしゃべる電子ブックリーダーが捨てられない

kindle

現在のところ、kindleでダウンロードをした電子書籍は379冊とのことです。

電子書籍でも、数える時は「冊」でいいそうです。)

 

購入履歴を見てみたところ、最初にダウンロードしたのが2010年11月。

ジェーンオースティンの「Pride and Prejudice」でした。

 

当時はまだ、日本ではkindleが販売されていませんでした。電子書籍と言えば、青空文庫からダウンロードして、PCで読むという感じでした。

 

一方、アメリカではkindleが発売され、結構話題になっていたので興味があり、英語の勉強にもなるかな、と思い、わざわざアメリカのAmazonからkindleの端末を取り寄せたのです。

 

久しぶりに、当時の端末を出してみました。

f:id:yoshkob:20160903111026j:plain

バッテリー切れの表示が少し寂しい…端末の下部にキーボードがついているので、少し大きく感じますね。

でも、画面のサイズや端末の薄さ、基本的な機能は、最新の機種とあまり変わりません。かなり完成度の高い端末でした。

 

その後、kindleは2回買い替えているので、これが初号機ということになります。

 

今使っているPaperwhiteがとても使い心地がよいので、初号機はもう使うことはありません。だから、処分しようと思うのですが、どうしても手放すことができません。

 

なぜなら、初号機だけが持つ機能があるからなんです。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

端末の裏を見てみましょう。

f:id:yoshkob:20160903113105j:plain

 

何と、スピーカーがついているんです。

電子書籍リーダーに何故?

 

実は、初号機には「読み上げ機能」というものがついていて、

ボタンを押すと、電子書籍を読んでくれるんです。

 

全部の本を読みあげてくれます。 

しかも、機械の読み上げなのに、とても自然なんです。

 

男女それぞれの声が選べますし、読む速さも調整できる。

英語って、アルファベットの組み合わせで、ほとんど発音が決まるのでこんなことができるんですね。日本語だと絶対に無理。

 

この読み上げ機能、リスニングの練習になるんです。

しかも、読み上げに合わせて、本のページも遷移していくので、文字を読みながらリスニングができます。さらに、部屋が真っ暗でも、読書を楽しむことができます。

 

そんな素敵なこの機能、残念ながら、今の端末にはついていません。

確かにスピーカーをつけると端末が大きくなってしまうし、そもそも日本語対応しない機能ですからね、今後もこの機能が取り入れられることはなさそうです。

 

というわけで、どうにも手放しがたい逸品なのです。

なんだかブログを書いていたら、久しぶりに読み上げてもらいたくなってきました。

(僕は女性の声の方が好みです。)

 

久しぶりに充電してみることにしました。