TO BE FREE

〈自分になる〉ために

音痴すぎて笑われていた僕が、今は歌が上手いと言われる理由

カラオケ、お好きですか?

 

カラオケ、僕は割と楽しめる方です。

 

最近では、機会も減りましたが、

学生の頃は友達に誘われてよく行っていました。

今でもたまに、飲み会の後の二次会でカラオケに行きます。

 

マイクをできるだけ放したくない人

自分では歌わず拍手に徹する人

全然周りには聞こえていないお喋りを続ける人

予約端末をいじっているだけの人

 

楽しみ方はそれぞれかと思いますが、

歌えないよりは、歌えた方が当然楽しいですよね。

しかも、下手と思われるよりは、上手と思われたい(我欲)。

 

そして、僕はと言えば、

自分で言うのも何ですが、

歌が上手い!と言われることが多いです。

 

きっと、普段と全然違う声が出ています。

たぶんオクターブ単位で違う声が。

気持ちよく最後まで歌い切って、終わることができます。

 

でも、かつての僕にとって歌は、コンプレックスでしかありませんでした。

 

高校時代は、音痴過ぎて笑われていた

 カラオケに初めて言ったのは高校生の頃だったと思います。

最初って、何を歌えばいいのか、分かりませんよね。

 

好きな曲を歌おうと思ったんでしょう。

当時はL’Arc-en-Cielがとても人気があって、僕も大好きだったので、

歌ったんです。

 

flower

 

無謀でした。

 

サビに入ると盛大に音程を外し、その後も合わせることができない。

周囲の友達は、「音程違うって!」と言いながら笑っています。

あまりに苦痛な時間。

その後も、数曲チャレンジしましたが、どれもこれも、ダメでした。

 

そんな苦いデビュー戦を終えましたが、

その後も高校の友達とカラオケに行く機会はたびたびあり、

その都度、僕は彼らに笑いを提供していたのでした……

 

カラオケを楽しむには、「歌える数曲」があればよい

 

そんな僕の運命を変えた一曲があります。

THE YELLOW MONKEYの「バラ色の日々」です。

 

 

高校を卒業し大学に入学した僕は、新しい友達からカラオケに誘われました。

 

何となく「嫌だなあ…」と思いました。

何しろ、その頃安心して歌えるのは「マジンガーZ」だけだったから。

でも女子もいるし、もう少し普通の歌を歌いたいな、と思った僕は、

勢いにまかせ、当時よく聴いていた「バラ色の日々」を歌ったのです。

 

GOLDEN YEARS Singles 1996-2001

GOLDEN YEARS Singles 1996-2001

 

 

「おいかけてーも お い かけーてもー」

 

《お、もしかして歌えてる?》

歌いながら、自分で驚いていました。

この曲は、サビから始まるのですが歌えています。

もちろん、その後のAメロBメロもスムーズに歌えます。

なんと、無理なく、気持ちよく一曲を歌い終えることができたのです。

 

歌い終わった時、周りの友達から

「すごーい!」という反応。

奇跡を感じましたねー。

感覚を忘れないように、その後もイエモンの曲ばかり歌った気がします。

 

その後の自己検証の結果。

僕は「裏声が極端に苦手」だということを知りました。

裏声で音程をはずし、戻ってきても音程の迷子になっていたんですねえ。

 

逆に言えば、「裏声を使わない曲なら割と歌える」ということです。

 

そして僕は、裏声をあまり用いないミュージシャンを見つけました。

 

それが 

THE YELLOW MONLEY

hide

黒夢

ゴダイゴ(ガンダーラのみ)

 

という四択。時代を感じますね・・90年代万歳。

 

本当は、BUMP OF CHICKENとか、歌いたいんですよ。

Bruno Marsなど、洋楽も歌えたら、すごく気持ちいいと思います。

でも、そのあたりは華麗にスルー。

 

とにかく、歌えるものを歌っていれば、

カラオケの時間いっぱいは十分に持ちますね。

だから、カラオケが苦手な方におススメしたいのは、

「自分が何を苦手としているか」を知ることなんです。

そして、「自分の苦手」に当てはまらない曲を探すことです。

 

5曲も見つかれば十分でしょう。

あとは、それを自信を持って歌い続ければいい。

普段誘われるカラオケくらいなら、気持ちよく歌えますよ。

 

新たな曲にも挑戦したい気持ちもあるのですが、

そんな時間もないですし、披露する効用もあまりないので、

僕は生涯イエモン黒夢に頼りつづけようと思います。

 

Bruno Mars、憧れますけどね…


Bruno Mars - Just The Way You Are [OFFICIAL VIDEO]