TO BE FREE

〈自分になる〉ために

本の紹介

kindle unlimited(読み放題)をフル活用するための検索ワード3つ

2016年の8月から始まったKindleUnlimited(読み放題サービス)。 月額980円で電子書籍が読み放題になるということで話題になりました。 僕もとりあえず1か月の試用期間に利用してみて、 「これは便利!」ということで継続利用することにしました。 その時に…

古典を読まなかった10代を後悔しながら、まだ間に合うと思いたい30代

なんとなく気になっているけど、後回しにしていることががあります。 僕の場合、「古典を読む」というのがそれ。 学生の頃、国語や社会で知った古典については、受験対策としてのワードとしては覚えていても、結局どんな内容なのか分かりません。 聖書、マル…

天才的な仕事は「規則正しい習慣」が作る

いやー、また面白い本を手に入れてしまいました。 メイソン・カリー著「天才たちの日課」 です。 天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々 作者: メイソン・カリー,金原瑞人,石田文子 出版社/メーカー: フィルムアート社 発…

読み終わった瞬間に全てを忘れてしまう。だったら再読&メモがオススメ

買う本ってどうやって選んでますか? 僕は特別な基準は設けていません。なんとなく気になった本を手に取るだけです。ですから、当たり外れもそれなりにあります。 そうした当たり外れを簡単に分類してみます。 大吉:生涯かけて何度も読み返してしまう本吉:…

理想的な作業環境を手に入れるために~日本庭園で仕事をしてみたけれど~

仕事をする環境ってとても大事だと思います。 会社にいると、それなりに効率性を考慮された環境が作られていますが、自宅ではそうはいきません。 今までは仕事といえば職場だけでしていたので、不都合を感じることはなかったのですが、ここ最近は職場だけで…

生まれて初めて個展に行ってきました~陣崎草子さん「108歳まで生きるつもりの人の展覧会」~

個展に行ってきました。 絵本や児童文学、短歌でご活躍の陣崎草子さんの原画展です。 (もっと早く行ってブログでお知らせしたかったんですが、もう最終日を過ぎてしまいました‥) 個展のタイトルは「108歳まで生きるつもりの人の展覧会」 このタイトルの意…

トランプ氏が勝って思うところを書いてみた

トランプ氏が勝ちましたね。 会社でも、今日は午後あたりからそこらで話題になっていて、 「トランプが勝つって、まさかね」という感じから、 「あれ、もしかして??」となり、 「トランプが勝ったよ!どうなるんだこれから」 という空気感の中で退社時間と…

ブログに書くネタに困った…というときはこの本がオススメ!

アマゾンのKindle本には月替りセールというものがあります。 毎月1日にラインナップが更新されるのですが、 もともとの価格の40%以上お安くなります。 読書が趣味なので、こうゆうセールは本当にありがたいです。 先日、発表された11月のラインナップ…

タスクの管理には超絶アナログなyPadが超おススメ!①

前回のブログでは、ここ最近色々な仕事に追われていると書きました。 で、今は、前回のブログを書いた時よりも気分がいいんです。 なぜなら、いいものを見つけたから。 yoshkob.hatenablog.com デジタルにするか、アナログにするか、それが問題だ 前のブログ…

落ち着いた人間になりたくて呼吸法を変えてみた

「落ち着いているね。」と、割とよく人から言われます。 そこに含まれる意味を良く解釈すれば 大人っぽい 賢そう 安定感がある 信頼度が高い 情緒が安定している 悪く解釈すれば 元気がない やる気がない 老けている 動きが遅い つまらない こんな感じでしょ…

初めての読書会で失敗しないためのチェックポイント

人生初ということが時々あるものです。 今回の初体験は「読書会」です。 読書の秋と言いますが、秋はお出かけにいい季節でもあります。せっかくなので、読書会に出かけてみてはいかがでしょうか。 読書会というのは、人が集まって読書をしたり、読書体験をシ…

東京国際ブックフェアに行ったら、お姉さんに「気功」を強く勧められた

雨の中、東京ビックサイトに向かいました。 目的は「東京国際ブックフェア」。 このイベント、僕が参加するのは初めてなのですが、開催は今回で第23回目とのことです。 開催の概要を公式サイトから引用します。 日本最大の「本」の展示会「第23回 東京国際ブ…

若者から「やんのかコラ」と言われたので、対応しました。

さきほど、職場から帰る途中に、若者にからまれました。 きっかけは、ちょっとした接触です。 スクランブル交差点で、斜めから来る人とすれ違うのって難しくないですか? こんな感じですれ違う時に、足がぶつかったんです。かすったくらいですけど。 僕は「…

出版不況と言われるので、マネタイズについて勉強しました。

5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die? 作者: 佐々木紀彦 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2013/07/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 出版やメディアの現状について知りたいと思い、読みました。 この本、出版された…

未熟者はドラクエから学ぶ。そうだ、英語やってる場合じゃなかった。

ドラクエⅢです。 懐かしいですね。 僕が初めて買ったゲームです。 自分で名付けた勇者(主人公)の名もおぼえています。 「そうえあ」 なぜこの名前にしたのか… ご存知ない方に説明すると、ドラクエⅢには、それまでになかった面白いシステムがあります。それ…

「やりがいのある仕事」という幻想~働くことについて考えてみる~

僕の仕事に対する第一原理というのは、これまでに幾度も書いているが、つまり、「人は働くために生きているのではない」ということだ。 最近キャリアチェンジ向けて動いていて、気持ちも高まっているわけですが、ここらであえてクールダウンさせようと思いま…

ブログを書くなら、この本は必読です!~立花岳志「ノマドワーカーという生き方」~

ブログを初めて10日ほど経ちました。 日々少しずつアクセスをいただいているようで、PVは500を越えました。 今後も、まだまだ書きたいことはたくさんありますし、 もっと多くの人に読まれ、愛されるブログにしたいと思っています。 では、そのために何を…

読書しながら運動して汗をかきましょう。

真夏の運動って、辛すぎる 昨年からジョギングを始めました。 そもそもは運動嫌いなんですが、誘われて続けるうちにジョギングが楽しくなってきたんです。 2年前だったら、100m以上走るなんて考えられん!と思っていましたが、 今では10kmくらいなら、あ…

月曜日の朝が憂鬱なので、仏教の長老の言葉に頼ってみる

月曜日の朝ですね。 多くのサラリーマンの方が、少しブルーな気持ちになっていることでしょう。 僕もそうです。 特に今の仕事が嫌なわけではありません。 それほど負担もありませんし、きっと今日の午後にはそんな憂鬱さも忘れて、仕事に追われて集中してい…

日曜日に、自分が死ぬ日のことを考えてみる

「こういう考えを出発点にしよう。誰でもいずれ死ぬことはわかっているのに、誰もそれを信じない」 自分の子が生まれてからでしょうか、何の前触れもなく、頭に「死」が浮かぶことがあります。 幸い、僕は大きな病気になることもなく、安全な環境で生活して…

Kindle Unlimited(読み放題)は必ずハイライトすべし!過去の読書を消さないために

Kindle Unlimited(読み放題)の紹介ばかりしている気がしますが、 今日は利用に当たっての注意点と、その対策についてお知らせします。 問題1 解約の仕方が分かりにくい これは、さすがに商売ということなんでしょうか。 無料期間の広告ページからの利用開…

Kindle Unlimited(読み放題)で21冊読んだので、継続利用することにしました。

Kindle Unlimited(読み放題)の無料試用期間が終わりそうですが、継続して利用することにしました。 以前の記事で、「読書量が倍増しそう」という記事を書きましたが、 yoshkob.hatenablog.com これは本当にその通りになりました。 8月3日から利用開始し…

Kindle Unlimited(読み放題)は、最高の英語学習教材になりうる

Kindle Unlimited(読み放題)は本の選択肢が少ない? 先日のブログで紹介したKindle Unlimited(読み放題)。 読書好きにとっては、本当に楽しくお得なサービスです。 yoshkob.hatenablog.com でも、読み放題の場合、選択肢がやや少ない感じがしますね。 そ…

会社員から独立したい?だったら社会保険料について知りましょう。

会社員とフリーランスの社会保険料は全然違う! 会社員がフリーランスになる場合、収入が落ちる不安がありますよね。 そもそも売り上げがどれくらい出せるのか読めませんし、 お店を始める方なら、会社員の時とは違って、経費が必要になる。 でも、そうした…

生き残りたいのです、僕は。危機を前提にしたサバイバル戦略。

人間である以上、不安は常にありますよね。 突然病気になってしまったらどうしよう。 収入がなくなってしまったらどうしよう。 パートナーがいなくなったらどうしよう。あとは…何だろう? 書いてみると、不安のバリエーションって意外と少ないですね。 それ…

岡本太郎の恋愛観「全身をぶつける」

岡本太郎さんの言葉は、何度読んでも勇気をもらえます。 世間のルールやしがらみなんか蹴っ飛ばして、自分自身として戦うという気持ちになってきます。 それでは、このブログのテーマと合わせて、いくつかの素敵な言葉を引用します。 自分が何か充ち足りてい…