読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TO BE FREE

〈自分になる〉ために

若者が消費しないのは不思議ですか?

お金の話 生き方

最近の若者は消費しないって言いますよね。
車も買わないし、デートもしない。旅行にも行かない。

 

その原因を、「草食」などとして性格の問題とする意見があります。
それに対して「気持ちの問題じゃなくてお金の問題だ」という意見がある。

 

僕はどちらかといえば後者に賛成なのですが、かといって、若者にお金を渡せば消費が増えるのかというと、それも違う気がします。

 

なぜかというと、お金の問題が気持ちに影響しているからだと思っているからです。それもかなり深いところまで。

 

昔の若者と、今の若者では、将来の自分の稼ぎに対する信用度がまるで違うと思うんですよね。

 

バブルの頃の話を聞くとびっくりしますよ。
収入の10倍以上のローンを平気で組んでいたりしますから。
それができるのって、未来の稼ぎを信じられたからですよね。
さらに言えば、土地などの資産価値が上がることも信じられた。
(実際にはかなり資産価値が下落していたりするのですが。)

 

ひるがえって僕は(もう若者とは言えませんが)、ローンで自宅は買いましたが、これは新築後1年以上売れ残って値崩れしたタイミングで買ったものでした。

 

資産価値の上昇は最初から見込んでいません。その時の税制(住宅ローン控除)と自分の仕事(専業サラリーマン)という状況を踏まえてのことです。

 

おそらく審査を受けても収入の10倍以上のローンを組むことは可能だと思いますが、そうする気はありません。怖すぎますよ、金利もあるし。

 

自分が将来3億稼げる自信があるのなら、車に100万円かけても大したことじゃないと思うでしょうが、将来稼げるか不安だったり、年金に不安があったりすると100万円の出費が命に関わるくらいの選択に思えてしまう。

 

そういうわけで、現在の若者が消費離れするのも無理からぬことだと思うんです。

 

お金使わなくても楽しく過ごせますからね。
僕も欲しいモノってあんまりありません。
好きな人とご飯食べるのと、読みたい本を買うくらいでかなり幸せになれます。

読み終わった瞬間に全てを忘れてしまう。だったら再読&メモがオススメ

日記、 本の紹介 読書

買う本ってどうやって選んでますか?


僕は特別な基準は設けていません。
なんとなく気になった本を手に取るだけです。ですから、当たり外れもそれなりにあります。

 

そうした当たり外れを簡単に分類してみます。

 

大吉:生涯かけて何度も読み返してしまう本
吉:買った時の興味を保ちながら読み切れる本
凶:買ったけれど、興味を失って開かないままの本

 

たいていは吉ですね。凶の場合もそれなりにあります。興味が突然失われるというのは不思議なものですが、仕方ありません。大吉は年に数回というところです。

 

そして今回問題にしたいのは、最も確率の高い、「吉」の本です。


読み終えることはできるけれど、その後読み返すまでの本ではないケース。

 

頭では理解しているんです。本は何度も読み返した方がいいと。
一回読んでもあまり記憶に残りませんからね。
あとから「あの本ってどんなだった?」って聞かれても、ほとんど答えることができない。読んだ記憶は残っていても、具体的に何がかかれていたかと聞かれると、分からない。

 

再読が望ましいと思いながら、それでもあまり再読をしないのは、読みたい本のリストが尽きないからです。


日々面白そうな本が発売されています。だから、それなりに読書をしていても、読みたい本リストは減るどころか、増え続ける一方です。

この問題は、ずっと僕を悩ませてきました。
読書にそれなりに時間をかけているはずなのに、いまいち自分の身になっていない感じがしてしまう。何となく消化不良を感じたまま次の本に移る。

 

こうした状況を何とか改善したいなと思うんです。


そして思いつきで最近始めたのが、
「超スピード再読&メモ」です。

 

これは、一度読み終わった本を、記憶が新しいうちにできるだけ早く再読して、ポイントをメモにしておくことです。

 

人間が一度に記憶できるのは3つの項目までと聞いたことがありますがイメージとしては、本からそうした3つの項目を最低限見つけ探し出す感じです。

 

当初は、一度目の読書からメモをとることを考えていました。
ただ、そうするとどうしても読書のスピード感が失われてしまいます。
本に集中できなくなってしまうんですよね。通勤中のように、読書環境によってはメモが難しくなってしまいますし。

 

ですから、とりあえず一度目の読書は今まで通り気ままにやることにしました。その上で、夜など机につけるタイミングで再読してメモに残しています。

 

数度このやり方を試してみたのですが、本の内容が記憶に定着するのを感じます。メモを通じて情報が整理されていきますし、なんとなく自分がメモをしながら、本と対話しているような気持ちになれるんです。

 

本からピックアップしたワードは、頭の中でインデックスとなっていきます。
このインデックスは、似たような問題にぶつかったときに役だってくれることでしょう。

 

時間は有限です。僕はできるだけ本を読みたいです。知りたい世界がたくさんありますし、できることなら、いくらかでも賢くなりたい。

 

今年の読書体験は、いつもより充実したものにしていきたいと思います。

そういえば35歳なんだと気づいて

日記、 生き方

気がつけば35歳になっていました。

 

もちろん自分の年齢は知っています。前回の誕生日にも、ちゃんとケーキにはロウソクを、長いの3本と短いの5本を刺しました。

 

でもまだ、ちゃんと実感してなかったんですよね。
そして思ったのは、
たしか「35歳になる頃には」って思ってたことあったなっていうことなんです。

 

でもそれがどうしても思い出せない。
何か大切なことだったと思うんですが。


きっと僕だけじゃなく、少なからぬ人が同じようなことを考えたことがあるんじゃないでしょうか。

 

それって、「未来の自分」をあてにしてたということなんだと思うんです。

すぐにはできないことを「未来の自分」に委ねる。
今持っている希望を「未来の自分」に託す。

 

これってそんなに悪いことじゃないと思ってました。未来に希望を持つのはいいことだって。

 

でも、今に思うのは、その繰り返しの中で人生が終わってしまうとしたら、寂しいなということです。

 

未成年の僕は20歳の自分をあてにして、20歳の自分は30歳の自分をあてにする。


そして35歳の僕は、どうする?

 

幸いというべきか、35歳の僕は20歳の僕より人生経験は積んでいます。


だから言えるんですが、「未来の自分」ほど信用ならない奴はいないと思うんですよね。

 

信用されるのも自分で、信用するのも自分ですから、裏切るのは簡単です。誰からも非難されることもありません。


だけどきっと、そうした裏切りを繰り返す過程で決定的な何かが失われていくんだと思います。

 

人生は有限です。
寿命が100歳だとして、
35歳の自分には65年分の未来の自分しかいません。
20歳の時には80年分の未来の自分がいたのに。

 

やっぱり、今なんですよね。
この瞬間に確かにあるもの。
実感に満ちた、やりたいこと、やらなければいけないこと。
それは「今の自分」が引き受けるしかないんです。

そうした「今」を重ねることでしか、未来の自分に約束を果たさせることはできない。そう思っています。

 

さて2017年。
何ができるかな。

酉年が来た!年男の新年の抱負

書くこと 日記、 生き方

あけましておめでとうございます!

2017年がやってきました。

酉年の僕としては、つい、「今こそ飛び立つ時!」と言われている気がします。

そういえば前回の酉年の時は結婚を決めた時だったりします。

 

さて、飛び立つ前には大きな下降があるようです。

実は昨年は精神的にはやや下降気味だったと思います。

 

今までやってきたことと、新たに始めたことを並行して進める大変さや不安があり、知らないうちに焦燥にかられていたように思います。周りの人にも心配をかけてしまいました。

 

でも、今思えばそれは必要な下降だったと思っています。

スキージャンプのように、大きく飛び立つ前には、できるだけ激しく下降しなければならない。そして下降してしまえば、あとは飛び立つ先を見据えて大きく足を踏ん張っていけばいい。

 

僕は2017年を、飛び立つ年にしたいと思っています。

もう少し下降する必要がありそうですが、タイミングが来れば時期を逸することなく飛び立ちたい。

 

そのためには、もっと自分の意思の力をつけなければならないと思っています。

 

2016年の前半までは、仕事の時間は明確でした。残りの時間で家族との時間を過ごし、さらに残る時間は、自分だけの時間として使っていました。生活はシンプルで、予測可能であり、それなりにコントロールもできていたと思います。

 

それが2016年の後半に入って、状況が変わってきました。

ライターとしての独立を考えたときから、色々な学びの機会をいただきました。出版企画に関わり、取材に同行し、ライティングもやりました。小説を書いて人に読んでもらう機会もありました。

 

すべて自分からというよりは、周りの人からのお話がきっかけです。

これは本当にありがたいことでした。

特に実績もない僕に声をかけてくださった方には本当に感謝しています。

 

ただ、その分生活は複雑になってきました。

それまでのスケジュール管理では足りず、タスクごとの工程管理も必要になってきました。時には職場の有給を使いながら、それらを進めていき、何とか2016年をやり遂げました。

 

2017年は、もっと複雑になっていくことでしょう。

そこで新年の抱負としたのは、

「自分の生活をコントロールする」ということです。

 

時間は有限です。

そのことを実感できたのが、2016年で僕が得た最大の成果です。

 

日々の一瞬一瞬を、もっと大切にしたい。

行きたい場所があります。会っておしゃべりしたい人がいる。やりたいのに、まだ始めてもいないことがたくさんある。

それらを少しずつでも叶えていけるように、努力したいと思います。

 

ちなみに、もう一つの目標は、

「もっと言葉を使いこなせるようになる」ことです。

 

さーて、2017年が楽しみになってきた!

今年のうちにやっててよかった~「ふるさと納税」と「NISA口座投資」

お金の話

2016年も、あと2日ですね。

今年やり残したことも色々ありますが、あと2日で何ができるのか。

来年頑張りましょう。

 

実は、2016年中に必ずやっておいた方がよかったことに、

ふるさと納税」と「NISA口座を活用した投資」があります。

 

収入などにもよりますが、この制度を活用すれば、一般的には数万円単位、場合によっては数十万円単位の経済的なメリットがあります。しかもノーリスク。

 

この2つの制度は、毎年1月1日から12月31日までを計算の単位とします。

ふるさと納税であれば、この期間に寄附をした金額を、

NISAであれば、この期間に投資をした金額を、

それぞれ基準期間として制度が適用されます。

 

ですから、2016年分は2016年のうちに手続きをしておく必要があったんです。

今からでは、残念ながら2016年分は間に合わないですね。

まだ2日あるじゃないか!と思われるかもしれませんが、

制度を受け付ける側の役所がもう仕事納めになってますから、ダメでしょう。

もっと早くブログに書いておきたかったんですが、すみません。

 

それでもあえて投稿したのは、「損したな」と思っていただくためです。

そうすれば、来年は必ず手続きを取ることになりますから。

 

僕も、これらの制度を知っていながら2015年までは活用できていなかったので、今年こそはと思ってたんです。おかげで、2016年には2つとも手続きをしました。

 

2つの制度の内容を知るには、以下のサイトが便利です。

2017年はまだこれからですからね、来年こそは是非やってみましょう。

僕も2017年には、きちんとブログでそれぞれの制度の説明を書きたいと思います。

 

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる

 

NISA(ニーサ)とは?

 

 

理想的な作業環境を手に入れるために~日本庭園で仕事をしてみたけれど~

ライフハック 書くこと 本の紹介 部屋づくり

仕事をする環境ってとても大事だと思います。

 

会社にいると、それなりに効率性を考慮された環境が作られていますが、自宅ではそうはいきません。

 

今までは仕事といえば職場だけでしていたので、不都合を感じることはなかったのですが、ここ最近は職場だけでなく、自宅でもライティングをしたりブログを書いたりしているので、どうにも今までのデスクやPCでは不都合を感じるようになってきました。

 

ちなみに自宅の作業環境はこんな感じ。 

f:id:yoshkob:20161219210415j:plain

なんだか作業がはかどらないんです。

職場だとスイスイとこなせるようなタスクが、いちいちぎこちない感じになります。

原因はよく分かりませんでした。

 

どうにかしたいと思いながら、どうしたらいいのか分かりません。

やはり、自室にこもってるからダメなんじゃないかと思って、気持ちよく仕事ができる場所を探して、外に出てみました。

 

そう思いながらたどり着いたのがこちら。

f:id:yoshkob:20161219210738j:plain

清澄庭園です。

f:id:yoshkob:20161219210822j:plain

紅葉がきれい。

f:id:yoshkob:20161219210930j:plain

そして広大な日本庭園でポメラを広げてライティングをしてみます。

澄んだ空気が気持ちいい。

鳥のさえずりが耳に心地よく、亀が池を泳ぐ姿も見えます。

こんな環境の中でのライティング。

やってみると、

 

まったくはかどらず(笑)

 

だって周りを色んな人が歩いているんですもん。

紅葉を愛で、何事かを語り合う人々の中で僕は一人。

キーボードを打つ音が寂しく感じられます。

途中、83歳というおばあさんから話しかけられ、

お孫さんとのお見合いを持ちかけられたりもしました。

 

やめよう。

もうやめてしまおう。

清澄庭園でライティングするのをいいアイデアだと思った自分を嘆こう。

幸せは自分の外にあるのではない、中にこそあるのだ。

そんな思いを抱きながら、結局何らの成果も残せずに清澄庭園を出たのでした。

紅葉は本当にきれいでしたけどね。

 

ということで改めて作業環境について考え直しました。

まず大前提として、

一人きりになれる場所じゃなきゃダメ。

誰の視線も感じない。ただ自分一人で仕事と向き合える場所。

 

ってなるとやはり自宅か。

結局振り出しに戻りました。

 

とはいえ、もう少し改善できないものか考えていました。

ちょうどそんなタイミングで手にした本にいいヒントがありました。

上阪徹さんの著書「〆切仕事術」

やはりライティングの仕事をやる上では、プロのライターの方のお話が一番参考になります。 

〆切仕事術

〆切仕事術

 

 

この本は、〆切を守るために、あるいは守ってもらうためのメソッドが数多く紹介されています。その中には、作業環境に関するものもありました。

引用してみます。

 

 ひとつは、デスクの大きさ。仕事で使っているデスクは天板がガラス製の大きなものなのです。奥行き一メートル、幅二メートル。おまけに、奥行き八〇センチ、幅一メートルの袖机もついています。

 

 この巨大な机は、例えば本を書くときなど、大量の資料を広げて書くときに、大きな威力を発揮します。

 

 外に持ち運びをして書くこともあるため、パソコンはノートパソコンを使っていますが、小さな画面では、いろいろな作業に不便です。そこで、大型のモニタに接続して、大きな画面で仕事をしています。

 

 いろいろなアプリケーションを同時に立ち上げて、いろいろなものを見ながら原稿を書いていく、というときにも困りません。

 

OK、問題は大きさってことか。と膝を打ちました。

そして早速デスクと脇机、大型ディスプレイを買いました。

設置したらこんな感じに。

f:id:yoshkob:20161219213159j:plain

かなり広くなりました!

使ってきた机を捨てるのももったいないので、同じ大きさの机を買ってつなぎました。

奥行きと幅が以前よりもかなり広くなりました。

部屋の大きさの都合で上阪さんのデスクよりは狭いのですが、いずれは同じサイズのデスクを2つ買ってさらに拡張したいなと思ってます。

 

そして一番よかったのが大型ディスプレイ!

23インチのものを買ったんですが、一度この大型の画面で作業をすると、小さなディスプレイで作業するのがいかに効率悪いかがわかります。

しかもディスプレイはブルーライトカットや、反射防止仕様になっているので、目にも優しい感じがします。単純に見やすいですし。

 

作業環境、かなりいい感じになったと思います。

実際、今もブログを大型ディスプレイで書いていて、すこぶる快適です。

 

やっぱり作業環境って大切ですね。

自分の能力を上げるようとするのは難しいですけど、環境を変えるのは簡単!おすすめです。

 

「安心できる食事したいな」と思って調味料を買い替えました。

健康

最近、少し食生活を見直しています。

きっかけは先日参加したこちらのイベント。

美味しい食事をするために、安全な調味料について学びました - TO BE FREE

 

このイベントでは、主に調味料の選び方を教わりました。

一見おんなじようなお醤油でも、原料がぜんぜん違ったりするんです。

僕は美味しくって、リーズナブルならそれが最高だと思ってたんですが、

もうひとつ、大切な要素を見逃してたんですよね。

それが安心感ってやつです。

よく分からないままいただくより、ちゃんと勉強した上で安心できるものを食べたいというのが今の気分です。 

 

イベント後に自宅の調味料を見てみると、あまりオススメされない原材料が入ってたりしたので、買い替えようと思って、会社帰りに調味料を探しに行きました。

 

最初はいつものスーパーで探したんですけど、なかなか求める調味料が見つからない‥

比較的大丈夫な調味料はあっても、教わった条件を全て満たす調味料って、実は少ない。

 

それで、どうしたもんかと思いながら歩いていたところ‥見つけましたよ。

なんと、いつも通っている駅ビルの中に、「こだわりや」という安全な食材の専門店があったんです。

こだわりや|生産者とお客さまをつなぐ、架け橋になりたい。

毎日のように通りかかっていたのに気が付かなかった。

やっぱり新しいことを学ぶのって、大事だなと思いました。

 

そこでいくつか買った調味料をご紹介します。

 

まずはお醤油

丸島醤油 杉樽仕込醤油(濃口)900ml

 

f:id:yoshkob:20161215223045j:plain

ポイントは、大豆と塩という昔ながらのシンプルな材料で作られていること。

あとは大豆はもちろん遺伝子組換えでないものです。

 

次は油

カホクの菜たねサラダ油 820g

 

f:id:yoshkob:20161215223154j:plain

 原材料が分からない油は避けるようにと言われ、こちらを買いました。

「サラダ」と書かれているので、一瞬どうかな?と思いましたが、

よくみると、遺伝子組み換えでない菜種100%の一番搾り

しかも容器はプラスチックでなく瓶ということで、買いました。

 

最後にお味噌。

 

f:id:yoshkob:20161215223404j:plain

 

これは国産大豆、米、麦、お塩からできている合わせ味噌です。

ポイントは、冷蔵販売されていたことです。

一般的には常温で売られているお味噌ですが、冷蔵販売されているものがオススメです。いい菌が働いてくださるそうです。

 

とりあえずはこの3種類の調味料を買い替えてみました。

他にも砂糖や塩にもこだわりたいところですが、それはいずれ。

 

さて、買い替えた調味料を使って最初に作ったのは、豚汁でした。

イベントの時に先生からいただいたにんにく味噌、醤油麹で作った焼きおにぎりと一緒にいただきました。

それなりに手間をかけて調味料を選んだおかげか、幸せな食事となりました。

 

f:id:yoshkob:20161215223757j:plain